運動嫌いが痩せる方法を探すblog

運動嫌いでも痩せる方法。それは食べ物の好みによって変わってきます。

 私は40代ですし、この頃になってくるとなかなか痩せにくくなるといわれましたし、更年期障害が原因と思われるうつも経験しました。その時に服用していた精神安定剤の副作用により2.3s太りショックを受けました。

 

病院の薬剤師さんが「太りますから運動を欠かさず行ってください」その通りに実行し、毎日30分ほどのサイクルトレーニングを行っていましたが一向に痩せる気配もなくまた精神安定剤は仕事中でも眠気が絶え間なく続くので病院の先生に相談し3か月ほどで様子見がてら服用をやめることにしました。

 

 そうしてみるとやはり食欲も収まり、また眠気もなくなって以前よりもかえって生活のリズムの調子もよくなりました。また睡眠時間もダラダラとするわけでもなく夜11時に就寝し、朝6時には起床するということができるようになりました。

 

 運動するという習慣はその頃すっかり忘れてしまっていました。元々が運動嫌いでしたのでついついさぼってしまっていました。しかしまた食事も以前のように「すごくお腹がすく」という感覚がこの頃には無くなってしまっていましたので「まあいいか」と今でも定期的な運動はしてはいません。それでもやはり気になりふと鏡を見てお腹周りがすっきりしたように感じたので以前はけなくなっていたジーパンを取り出してみると少しきつめですがやはりサイズダウンして入るようになりました。

 

医局の健康診断で疑問に思って聞いてみると生活のリズムが整うだけでやはり痩せる人はいるとのことでした。体重も52Kgから51Kgと少しずつ減ってきました。

 

 またその時に以前から続けていた雑穀米をやめ発芽米を食べるようになりました。栄養的にもそれほど変わらないのと雑穀米に飽きてきたせいもありました。この時におにぎりを2個食べていたのですが満腹感があり1個に減らしました。

 

 以前続けていたうつ病の薬の副作用も続いていたようでしきりに眠くなるので満腹感にならないよう気を付けていたせいもあるのかもしれません。またトマトとブロッコリーは必ずお昼に食べていました。後で知ったのですがお医者さんが必ず食べるのはトマト、リンゴ、なのです。トマトは子供の頃からあまり好きではなかったのですが最近はお医者さんが食べるというので太り始めてから必ず食べるようにしました。

 

なぜならお医者さんは激務で体の調子を整えるのはとても大変なことのはずです。うつを治そうと私なりに考え、激務の人たちはうつ病にもかかりやすい傾向にあることを知りました。そのお医者さんたちのアンケートの統計上でベスト3の中に入っているならうってつけの食材であり、なおかつ四季を問わず手に入りやすいとくれば薬と思ってなるべくリンゴとトマトを食べるようにしました。

 

食べ続けて一か月ほどして健康診断で体重を測定してみると1Kg減ってしました。ダイエットの方法としてリンゴダイエットは聞いたことがあるけど、トマトはあるのかなと聞いたことはなかったのですが、ある時トマトの成分を使ったダイエット飲料をみて「ああやっぱりそうなのか、お医者さんてすごいな」と改めて感心しました。

 

 また更年期障害のせいで体の調子が悪いため、お医者さんに相談しに行くと貧血も少しあるのとまたリンパの流れが悪いので桂枝茯苓丸という漢方薬で治療してみましょう、と勧められました。

 

 これもまた自分としてダイエットをするつもりではなかったのですが結論から言うとこれが一番効き目があったのです。体重が最大で5Kg減ったときもありました。なぜこんなに体重が減るのかと聞いてみると体内の水分の澱みがあるとあまり活発に動けなくなる可能性があると薬剤師さんが教えてくれました。家族に聞いてみると「よく動くようになったね」と言われるようになっていたわけです。

 

 私の場合元々が肥満体型でもなく脂っこいものが好きではないのです。また私が勤めている会社では糖尿病などの生活習慣病を減らすため定期的に健康関連のカリキュラムを実施して私もそれに参加することになり、受講してみて講師の先生から受講した全員に「20代から10Kg以上体重が増えた方、挙手をしてください」との問いかけに私と一人を除いたほぼ全員が挙手して驚いた経験があります。ふと考えてみると私は苦手なものの中に乳製品があります。

 

 乳製品というと体に良いもののように感じる人もいますが、私は生クリームがあまり好きなほうではありません。ですのでケーキも一年に一回食べるか食べないかという程度です。マヨネーズも冷蔵庫に入っていないのです。

 

 芸能人でギャル曽根さんみたいに食べてもすぐ消化して太りにくい人もいます。しかし私の知り合いの中で20代の頃には私と同じぐらいの体重だったのに10年ぶりに会ってみるとおおよそ5Kg以上は太ったなと少し驚きを隠せませんでした。しかも食事をしてみると食べる量も増えていました。回転ずしを一緒に食べたのですが私は4皿食べ、彼女は8皿となりました。

 

 こうしてみると太りやすいひとは胃が大きくなりがちで脂っこいものが好きな人が多いように私は感じました。